ネットショップの成功の秘訣!それはきれいな商品写真です。
きれいな商品写真には、商品に合わせたライティングが必要です。
このサイトでは、簡単に効率よく撮影出来る照明ライト、
商品撮影に最適な機材を価格・性能などを徹底比較。
あなたの商品撮影に最適な撮影照明ライト・機材を見つけてください。

商品を撮影する時のライティングについて

商品撮影イメージ画像 ■商品撮影のライティングと聞くと、すごく難しそうなイメージがありますがそんなに難しく考える必要はありません。
■商品を魅力的に撮影したい場合に一番大切なライティングとは、照明をどの方向からどのようにあてると一番商品がきれいでエンドユーザーにアピール出来る写真になるかを考えるということです。
■照明の種類には大きく分けて2種類の光源があります。1つは広い範囲から柔らかい光をあてる面光源、もう1つは商品にハイライトをいれたりメリハリを効かせるのに有効な点光源があります。
■下の画像を見ていただけばわかるように、通常の商品撮影の場合は面光源によるライティングが効果的です。

点光源画像

sample
カメラに付属のストロボで撮影した画像です。
ストロボの発光面積が小さいため影がきつく出てしまっています。
影がきつすぎて商品の魅力が半減しています。
アクセントライトには有効ですがメインライトにはあまり向きません。

面光源画像

sample
発光面積が広いため柔らかい光になっています。
しかも斜めから光りをあてているため立体的に撮影出来ます。
影が柔らかくなったため商品が引き立って見えます。

■商品写真の撮影でメインのライトは面光源が良いというのはわかりましたが、それではその面光源の柔らかい照明が出来るライトとはどのようなものでしょうか
■テレビや雑誌等でフォトスタジオでの撮影シーンなどを見られたことはないですか?
そう言うシーンでよく見るのがライトに雨傘のような傘がついているライト、黒い箱のようなライトを使用して撮影しています。どちらのライトも光を柔らかくするための工夫です。

■では、ネットショップで使用する写真撮影のためには傘か箱かまたストロボか蛍光灯ライトかどちらが良いのでしょうか。

アンブレラ(傘)

sample
最も簡単に拡散光が創れるアンブレラはストロボには欠かせないアイテムです。傘を畳むように簡単に設置撤収が出来る利点があります。
ストロボの用な光量のあるライトとの相性は抜群です。
また、写り込む商品の場合は傘が写り込んでしまうため工夫が必要になってきます。

ボックスライト

sample
四角い箱の中は、シルバーなどで覆われ光を効率よく反射します。また全面にしろの布またはディフーションペーパーがついているため光を柔らかくすることができます。
しかも、ライトを直接撮影商品の方に向けられるので光量のロスがすくなくてすみます。


★ネットショップのライバル店長はどんな撮影ライトを買っている?★
楽天リアルタイムランキング撮影照明ストロボ今売れているアイテムは
★楽天撮影用照明ライト リアルタイムランキングでチェック★

■初めて撮影用照明を揃えるなら扱いやすさやコストから考えると、絶対に蛍光灯のボックスライトです。
■蛍光灯のボックスライトは、寿命も長く熱もあまり持たないし安定した光が得られるためデジカメライトの主流になっています。
■また、ストロボと違い蛍光灯のボックスライトは、撮影時のライトの当たり方そのまま撮影することができます。
■ストロボでの撮影は、閃光時間が短いため手ぶれを起こしにくいというメリットはありますが、蛍光灯ライトでも三脚を使用して撮影すれば問題ありません。
■蛍光灯ボックスライトにもいろんな種類があります。蛍光灯の形や本数による明るさの違い、大きさの違いによる光源の面積の違い、また使用する際のスタンドやアクセサリーなどにより価格もパフォーマンスも変わってきます。
■また、撮影する商品の大きさや質、実際に撮影できるスペース等によって必要なライトも変わってきます。
このサイトではいろんなメーカーのライトやアクセサリーを比較してあなたに最適な撮影環境を作るお手伝いが出来ればと考えます。


ページトップへ

商品撮影のための照明ライト徹底比較

Copyright (C) 商品撮影のための照明ライト徹底比較 All Rights Reserved.